ウーマン

気になるわきがの臭い対策【専用グッズや病院を利用しよう】

治療で改善できる症状

脇

保険が適用される治療も

脇が臭って周りの人に嫌がられているのでは・・といった、体臭のコンプレックスを抱えている方もいるのではないでしょうか。体臭は「スメルハラスメント」という言葉もあるように、度が過ぎてしまうと周囲に迷惑を与えてしまいます。制汗剤などのケアで気にならなくなる程の体臭なら良いのですが、中には全く効果が無いという方も少なくないようです。このような場合、「ワキガ」を疑ってみましょう。ワキガは独特な強い体臭になる症状です。アポクリン腺という汗腺から出た汗によって、かなり強い体臭になってしまいます。市販の制汗剤などを使っても、臭いが改善されないケースが多いワキガですが、実は治療で臭いを抑える事が可能です。治療法の中には健康保険が適用される方法もあるので、金銭的な負担が心配という方でもワキガ治療を受けられます。

再発の心配が無い剪除法

健康保険が適用されるワキガ治療法として、最もポピュラーなのが「剪除法」です。剪除法はワキガ臭の原因となる、アポクリン腺自体をメスで取り除き体臭を改善する手術となっています。アポクリン腺が多く存在する脇部分を数センチ切開し、その部分を裏返して1つ1つ医師が目視でアポクリン腺を切除していきます。強い体臭の元を作るアポクリン腺自体を取り除く手術という事もあり、ワキガ臭を大きく改善する事が可能です。1度取り去ったアポクリン腺は、その後再生されないため技術の高い医師による剪除法であれば、再発するという事もほとんどありません。費用も健康保険が適用され、両脇の施術で4万から7万円程度の費用が相場と言われています。